【沖縄でしか味わえない】基地内バイト~プチ留学に?…

英語

東京オリンピックが迫ってきた中で、当然外国人がたくさん日本にやってくるでしょう。!

どうせなら、英語が話せたらもっと一緒に楽しめるのになぁ~と思う方も多いと思います。

ですが、困ったことに「書く英語」は勉強できても、「話す英語」に関してはどうやって勉強したらいいのか?難しいところがあります。

もちろん、一番簡単なのは留学に行くことですが、質の高いところに行けば行くほど、当然比例してコストが高くなります。

そこで、沖縄の人に一番おススメするのが、「基地内バイト」です!

結論から言うと、どんな英会話教室よりもコスパもいいし、最強の勉強法だと思っています。

英語力ゼロでも生の英語に触れあえながら、貯金も!

「基地内バイト」をおススメする大きな理由の一つが、ステータス関係なしで誰でもバイトが出来るという事です。

英検○○以上、TOEIC○○点以上、経験者、などという条件は全くありません!

もちろん、職種によっては必要なものもありますが、まったく話せなくても生の英語に触れあえる環境に身を置き、働くことはできます。

例えば、ウエイトレスであったり、BBK(バーの補助)であったりであれば英語力は関係ありません。

それでいて、もちろん休養ももらえるので、貯金も出来ますし、勉強も出来ますし、まさにメリットだらけのバイトだと思います。

インプットした英語をアウトプットできる

何よりも日本人は、インプットしている英語に関してはある程度あるのですが、実際に話す機会がないので、通じるのか?という心配もあると思います。

インプット<<アウトプットなのです!

「基地内バイト」はそんなアウトプットが出来る環境において最適な手段の一つだといえるでしょう。

勉強したもの(インプット)をどんどん、周りの外人さんに話しかけて(アウトプット)いけば、英語の上達は何倍もの効果となって帰ってくるでしょう!

いうなれば基地内のバイトは【山登り】

いわば、基地内のバイトは仮想留学だと思ってください。

雰囲気、飛び交う言語、様々な人種、全てが普段の生活では味わえることがないものです。

もちろん、それなりの貯蓄が現時点であればすぐに留学に行くのもよし、なのですが、行ってみたら思ったよりも環境の面で合わず、挫折して帰ってくる人も当然多いです。

そりゃあ、文化も何もかも違う環境ですから、最初の頃はほぼホームシックになると思います。

その、留学後の最初の壁を乗り越えるためにこの「基地内のバイト」は最高の武器となります。

【山登り】に例えると、エベレストに登るのが夢だとします。当然、経験者の意見であったり、前情報であったり、道具であったりを揃えたとします。

初見で登れますか?

0とは言いませんが、まず登ろうという考えすら浮かびませんよね?

手順として、まずは地元の山から、日本で有名な山々、富士山等を経験してから登るのが最適な手段ですよね?

これは、留学にも言えます。

エベレストが留学ならば、富士山は「基地内バイト」です。

まずは、富士山(基地内バイト)で経験を積んで、最終的にエベレスト(留学)に挑戦するのです。

そんな格好の舞台が沖縄にはあるのです。

もちろん…楽ではない!

今まで、「基地内バイト」のメリットばかりを紹介してきました。

ですが、当然すべてが良い面ではありません。

休憩はそれほど取れない

「忙しい フリー素材」の画像検索結果

時期にもよるのですが、忙しい時期になると、まとまった休憩が取れないのもしばしばあります。

基本的に、8h働くのならば1hは休憩するという事が決まっているのですが、現実的にいうと、休憩はそれほど取れないのが多いと思っていたほうがいいでしょう

もちろん、時期にもよるので一概には絶対言えません。

ですが、30分しか休憩が取れなかったというのも全然あるということを覚悟していたほうがいいというのも事実です。

とにかく忙しい+自分から動かないといけない

基本的に、「基地内バイト」のバイトは英語力はいりませんが、マネージャーさんであったり、同じ同僚であったりは日本語があまりわからない外人さんも当然います。

また、これはどんな仕事にも言えるものですが、最初は仕事の流れが分からないので、自分から聞いて何をしたらいいのか?手伝えることはないのか?自分で考えて行動する必要があります。

しかも、普通のバイトではないので、指示も英語で飛んでくることもあります。

だからこそ、最初のうちは皆をよく観察して、失敗にも耐えて、踏ん張れる「忍耐」も必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました